フランスの南部にあるプロバンス地方であるニースの田舎料理として人気があるラタトゥイユは、

夏野菜をにんにくとオリーブオイルで炒めた物にトマトを加え、さらに香草やワインで煮て作ります。

ニースの名物としてとても人気がありますよね。

夏野菜というのは玉ねぎやナス、ピーマン、ズッキーニなどで、香草というのはオレガノやバジル、タイムなどになります。

基本的には野菜を炒めてトマトと香草とワインで煮たものですが、ベーコンや鶏肉などを入れてうまみを出したものや、

唐辛子などを加えて辛みを出したものなどが作られることがあります。

ラタトゥイユはパンと共に食べることが多くありますが、パスタのソースとして食べることもあります。

ラタトゥイユは暖かくても冷たくしてもおいしいですよね。

やや味を濃くつけたラタトゥイユをご飯にかけて食べるのもとてもおいしくいただくことが出来ます。

カリッとソテー下鶏肉の上にソースとしてかけていただくのもおいしいアレンジになります。

沢山の野菜を入れるために作り過ぎてしまうことも多いと思いますが、小分けして冷凍をしておくこともできます。

ソファーとテーブル

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。