フランス料理のメニューを見ていると良く見かけるものにポワレがあります。

しかし、ポワレというのが一体どのような調理法なのか知っているという人は実は少ないのではないでしょうか。

もともとは蓋をした底の深い銅鍋に少量の出汁を入れて蒸し焼きにすることで、

この時に調理の途中で出た脂を素材に掛けながら蒸し焼きにするという調理法になります。

しかし、現在ではフライパンに油脂をひき、具材の表面をカリッと焼き上げた物をポワレとしている料理人の人が多いようです。

もともとは肉料理の料理方法ですが、最近では魚料理にもこの調理法を使っている料理人も多くなってきます。

油脂を引いて焼くというのはムニエルにも共通している調理方法ですが、ムニエルは焼く前に小麦粉などの粉をまぶして焼きますが、

ポワレの場合には小麦粉をまぶさないという違いがあります。

ポワレに似た調理法には、ロティといって浅い鉄板に肉をのせてオーブンで焼く料理やブレゼと言って深い銅鍋に肉と

たっぷりの出汁を入れてオーブンで煮込み焼きをする料理や、

ソテーと言ってフライパンに油をひいて高温で焼き上げる料理などの調理方法があります。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。