ムニエルというのはフランス料理の中でも馴染みやすい料理方法ではないでしょうか。

子どものころから食べたことがあるという人は多いですよね。

基本としては魚の切り身に塩コショウで味を付けて、小麦粉をまぶしてバターで両面を焼きソースをかけていただくという料理になっています。

白身魚が多く使用されますが、日本ではサーモンを使ったムニエルは人気がありますよね。

ムニエルは外側がカリッとしており、内側はふっくら柔らかい食感で、このギャップが良いと感じる人が多いと思います。

ムニエルにかけるソースとしてはレモンソースが一般的になっていますが、この他にもバルサミコのソースやタルタルソースをかけることもあります。

ホワイトソースをかけたりオーロラソースをかけるなども、魚の種類に応じて使い分けてみるとさまざまな味わいを楽しむことが出来ます。

もともとムニエルという言葉は女性の粉屋さんや製粉業者のことだったそうです。

魚に粉をかけて焼くという料理は、「魚の粉屋のおかみ風」という意味で、フランス語では「(魚の名前)・ア・ラ・ムニエール」と言います。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。