ガレットはもともとフランスのブルターニュ地方の郷土料理として知られています。

似たような料理にクレープがありますが、クレープは両面を焼くのに対してガレットは片面だけを焼くという特徴があります。

また、一般的にはクレープは小麦粉を使用しますが、ガレットはそば粉を使用するという特徴もあります。

もともとはブルターニュ地方でも貧しい家庭で作られていた料理で、そば粉と玉子、

水だけで生地を作って暖炉で焼いていたものですが、現在はそば粉と水、塩などを混ぜて一度生地を寝かし、

ガレット専用の鉄板に注いで薄い円形にこてで伸ばします。

片面が焼けたら皿に移して、生ハムやチーズ、サラダなどを包んで食べることが多くなっています。

もちろん、デザートとしてハムやバターなどで甘く味付けをして出されることもあります。

そば粉で作ったもの以外にも、ジャガイモを細切りにしたものか潰したものを円形にまとめて焼いたじゃがいものガレットなどもあります。

もともとガレットというのは丸く薄いものという意味で、小麦粉とアーモンド粉などで作るクッキーのガレット・ブルトンヌなどもあります。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。